読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

現役の板さんが伝えたいお役立ちレシピブログ

プロの現役板前がオリジナルレシピを公開します!

マグロのトロロポキ丼レシピが絶品過ぎる!ハワイに負けない板前流アレンジを紹介!

f:id:satouyuu27:20170203230506j:plain

 

こんにちは!!

現役板前のゆうきです。ダイエット中に絶対やってはいけないであろう、禁断の『寝る前にお菓子を食す』をやってしまいましたT_T

 


美味しそうな料理のレビューブログとか、レシピブログを見てたら、お腹がすいてきて、つい我慢出来ずに食べてしまいました(´∀`)

 

さて今日は、2017年の、気になる食のトレンドで話題になっている『ポキ丼』のレシピを板前流のアレンジを加えて、公開したいと思います!!

~ポキ丼って何?てか、ポキって何?


レシピを公開する前に、『ポキってなんやねん?!』という方のために、超簡単にポキ講座をしたいと思います!!

ハワイの伝統的な料理である、ポキ(正確にはポケPOKEらしい…そして、マグロはアヘ)はハワイ語で『切り身』という意味で、本来は魚介類の切り身や海藻を、塩や、食用油、香味野菜、醤油、などで混ぜ込み、味付けした料理のことを言います!!


が、現代のポキというと、スライス玉ねぎや、トマト、サニーレタスなどの生野菜を下に引いて、調味料で味付けした魚介類を上に乗せている、というのをイメージされるかと思います。

これはその昔、ハワイにアジア系移民が増えることで、その移民が持ち込んだ、玉ねぎや、青ネギ、トマト、調味料などが伝わり、ポキのバリエーションがだんだんと増えていったから、なんだそうです。

日本風のポキ丼は、少し甘めの醤油ダレ、ごま油、塩などで、切り身をヅケにしてから、生野菜を引いたご飯の上にヅケを乗っけて、トロロや温玉をかけて、食べるのが一般的ですね!

~ポキ丼の作り方(板前流)


今日は僕流にアレンジしたポキ丼のレシピを紹介します!!


★時間のかかる温玉から作ります。
沸騰したお湯の火を止めて、卵2個を鍋に投入し、15分だったら、卵を氷水に落とします。
これで温玉が出来てるはず!!

f:id:satouyuu27:20170203230550j:plain


(材料2人前)

・マグロ 切り身4枚
・サーモン 切り身4枚
・タコ 切り身4枚

f:id:satouyuu27:20170203230659j:plain

魚介類は、刺身用であれば、自分の食べたいもので構いません。

・ゴマ油 適量
・ゴマ 適量
・温玉 2個
・濃口醤油
・本味醂(出来れば煮きる)
・酒(出来れば煮きる)
・大葉 3枚
・サニーレタス 一枚
・トマト 4分の1個
・キュウリ 4分の1本
・紫タマネギ 4分の1個
・ご飯 丼2杯分
・長芋

材料が用意できたら、ズケの下にひく生野菜を用意していきます。

・サニーレタス ちぎる
・トマト コロコロに切る
・キュウリ コロコロに切る
・紫タマネギ スライスして水で洗ってさらす

f:id:satouyuu27:20170203230613j:plain


生野菜をボールの中にまとめたら、マグロ、サーモン、タコの切り身をズケにしていきます。
先に大葉を刻んでから、

・濃口醤油 大さじ3
・本みりん 大さじ1
・酒 大さじ1
・ゴマ油 大さじ1
・ゴマ 適量
・刻んだ大葉 3枚分

上記を合わせたら、マグロ、サーモン、タコの切り身を絡ませましょう。(分量はあくまで目安ですので、味見はするようお願いします。)

f:id:satouyuu27:20170203230630j:plain


ヅケが出来たら、長芋をすりおろしてトロロを作ります。

f:id:satouyuu27:20170203230726j:plain


ここまで出来たら、ご飯を丼によそって、ボールに入れた生野菜を引いて、さっき作った、ヅケをその上に乗せます。

更にその上に、トロロ。トロロの上に温玉を乗せたら、絶品『マグロのトロロポキ丼温玉乗せ』の完成です!!

★タレは全部入れると多いと思いますので、量を調節してください。

 

f:id:satouyuu27:20170203230755j:plain

~ポキ丼の作り方まとめ


本日のポキ丼は、いかがでしたでしょうか?


これは実際に自分で作って食べて見て、衝撃的な美味しさ(笑)でしたので、是非ともチャレンジしてみて欲しいと思います!!

ゴマ油、ゴマ、大葉、魚、とろろ、温玉、すべてがマッチングしていて、お口の中で、エレガントな海鮮ハーモニーをかもし出しますから。笑

本気でオススメです!!

刺身用の切り身が若干お高く付くので、しょっちゅう作るわけにはいかないと思いますが、たまの自分へのご褒美に、是非とも!!